「筋肉痛駆け落ちの滑稽な結末」の歌詞 家の裏でマンボウが死んでるP

2012/4/25 リリース
作詞
タカハシヨウ
作曲
タカハシヨウ
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜんだけど明日僕あしたぼく
このまちをさらなきゃいけない
きみはなれたくなんかないのに
おおきなちからかれてしまう
だけどどうしてもきみきなんだ
今日きょうのうちに一緒いっしょそう」

「こんなことになるとらず昨日きのう
ぼくきみおどろかせようとおくもの
ぼくらの宝物たからものかくしたんだ
きみ薬指くすりゆび似合にあうはずだ」

一緒いっしょてくれるのなら
指輪ゆびわをつけてあの場所ばしょ
不自由ふじゆうさせないとはえないけど
なににもしばられずあいえるよ」

あなたからの留守番電話るすばんでんわ
着信ちゃくしんはほんのすこまえ
かけなおしてもつながらないのは
そうまでしないとげられないから?
わたしたちの関係かんけい最初さいしょから
運命うんめいこわされるものだった

わたしはどこへでもくわ
あなたと一緒いっしょなら大丈夫だいじょうぶだから
でもわたしにとってすべてがあなたとの宝物たからもの
おくもの一体いったいどこなの?

自転車じてんしゃにまたがりはし
ペダルにせた両足りょうあし
かんがえるよりめぐるよりはや
チェーンがきしおとひび

一緒いっしょえらんだものとか…
一緒いっしょたもの全部ぜんぶ
かきあつめてっていく
全部ぜんぶわたし宝物たからものだから

あせなみだにじんだ視界しかい
一瞬私いっしゅんわたし時間じかんうば
わたし自転車じてんしゃ前輪ぜんりん
おおきなおとてた

だれかにぶつかってしまった
ごめんなさい、でもあしめられないの
罪悪感ざいあくかんさえりに
いまはあなたへとはし

いつもこの自転車じてんしゃかけたよね
公園こうえんにも ものにも
わたしたちをはこんでくれた
わかったわ、あなた
わたしたちの宝物たからものはこの自転車じてんしゃ

だけどやっぱりつからないの
この自転車じてんしゃのどこにかくしたの
わたしがついた
さっきぶつかったとき
ライトがれていたことを
きっとこのなかにあったのね

わせ場所ばしょにいないあなた
わたし指輪ゆびわをしてないせい?
ちがうの いてきたいの
かないで おねがいだから

ぼくきみえる場所ばしょにいるよ
ライトのフタはいてるのに
指輪ゆびわをしてないきみえる
きみこたえはもうわかった

はなしてもきっとつらくなる
もうなにわないでるよ
こころからあいしていたよ
さようなら

「ありふれた約束やくそくをしよう
える将来しょうらいちかおう」

きみ薬指くすりゆび宿やどぼくいのち ぼくこころ
きみがそっとみみてれば
ぼく鼓動こどうひびくほどに」

携帯けいたいのこったあなたのこえ
あなたはもういない