「冬風」の歌詞 富澤陽介

2006/12/6 リリース
作詞
富澤陽介
作曲
富澤陽介,和田建一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
つないだちいさな このままきみ
ポケットのなかしずかなねが

尺度しゃくどちがった 凸凹でこぼこかさなったあい
なんべんもすりわせて ぼくらそっと寄添よりそって ここまであるいた

ふかよるさった きみのそのやさしさは
ぼくつつようちゅう
ふわりふらり 月影つきかげとして

かわいたかぜが また日々ひびをさらう
ふとまって 見上みあげた月夜つきよ

漠然ばくぜんえがいた 何気なにげないぼくらの未来みらい
一瞬いっしゅんのこのねがいが ただずっとつづけば それだけでいいんだ

ふかよるさった きみのそのやさしさは
ぼくつつようちゅう
ふわりふらり 月影つきかげとして

きみぼくをふちどって えそうなしろいき
えんえがきながら ちゅう
ふわりふらり 月影つきかげとして

ふわりふらり 冬風ふゆかぜをつれて