「地下鉄の唄」の歌詞 富澤陽介

2007/7/11 リリース
作詞
富澤陽介
作曲
富澤陽介
文字サイズ
よみがな
hidden
りかごゆれ午前零時ごぜんれいじとてもしずかな夜更よふ
そっとそっともっとすりぬける
ゆめなかまるで地底人ちていじんこの世界せかいあな
ギュッとギュッとずっとすすんだ

ねむるおねぇさんヨダレがこぼれてますよ
今日きょうつかれて明日あしたのためにかえるんですね

ガタンゴトンガタンゴトン 絶望ぜつぼうせて
ガタンゴトンガタンゴトン 希望きぼうせて
ガタンゴトンガタンゴトン ミミズのロボット
ガタンゴトンガタンゴトン 都心としんまわ
都心としんまわる…

まどなかうつ幽霊ゆうれいぎゅうぎゅうめの墓場はかば
36.5℃さんじゅうろくどごぶ
隙間風すきまかぜになびくロン おとこなのににお
チッとチッとチッと舌打したうちした

ったおとうさんいやなことでもあったんですか
今日きょう酒飲さけのんで明日あしたのためにわすれるんですね

ガタンゴトンガタンゴトン 絶望ぜつぼうせて
ガタンゴトンガタンゴトン 希望きぼうせて
ガタンゴトンガタンゴトン ミミズのロボット
ガタンゴトンガタンゴトン 都心としんまわ

都心としんまわる…都心としんまわる…
都心としんまわる…都心としんまわる…

<TOMIZAWA'S VOICE>

地下鉄には絵本の中のような不思議な雰囲気が満ち溢れている。
いろいろな人生を乗せ、今日も夢の世界に消えていく。

そして、夢の世界から抜け出す時のように
暗闇は光を目指し、日々を水平に移動している。

あ~おぞましい…