「拘束ロード」の歌詞 小南泰葉

2012/5/23 リリース
作詞
小南泰葉
作曲
小南泰葉
文字サイズ
よみがな
hidden
真夜中高速まよなかにこうそく 走僕手はしらせるぼくのて
助手席じょしゅせきには あかい 熟君うれてしまったきみ
四角世界しかくせかいに 目遣御廻ふとめをやればおまわりさ
吹出窓ふきだしはんまどから 拡声音行列かくせいおんパレード

制御装置引サイドブレーキをひくと 非常警報止気サイレンもやむきがして
五月蝿耳生木実うるさいみみになるきのみたべて つぶしておしまい

此処居ここにいたくさ
気違夜悪戯過行きがちがうよるがたりいたずらにすぎてゆく
埃被二人加速風景ほこりがかぶったふたりにかそくしていくふうけい

しゃらら釈迦釈迦しゃかしゃかしゃら
しゃらら釈迦釈迦しゃかしゃかしゃら
壊耳詰こわれたみみにつまる
大賢処女盤おおけんのファッセ
覚目眼鏡欲三時さめためかめかめをほっしたのはみつどき
震肩触ふるえるかたにふれた
『あ あ え あ あ あ お い あ』

悪魔固黒絨毯端持あくまがかたぐろいじゅうたんのはしをもち
一二三合図無いちにさんのあいずもなしに 引張御仕舞ひっぱっておしまい

視界齣送しかいがスロー
全悩御別謡すべてのなやみにさよならをいいましょう
浮遊うかんであそぶ 此世最後御遊戯このよでさいごのゆうぎしましょ