「ふたりの願い」の歌詞 小松未歩

2003/9/25 リリース
作詞
小松未歩
作曲
小松未歩
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたがるそれだけで
なぜだかこころあったかくなってく
わせの場所ばしょ
かう電車でんしゃなか
あなたのきなうた
ゆらりられて 口遊くちずさんでた

きしめられたら こころとげがポトリとちた
言葉ことば出来できないおもいってとどくのね
おなゆめをいつもむねあるせることが
これからの ふたりのねが

よるとばりりると
きゅう活気かっきづくまちながめてる
スクランブル交差点こうさてん
小走こばしりにる あなた
人波ひとなみまぎれても
かぜわるの もうすぐえる

バラバラにえてたひとだれかとつながってて
運命うんめい出逢であいに せられてる
ありのままをかんじられるつよさがあることを
あいってるとうのね

しあわせのかねひび
ライスシャワーのこうで

見上みあげた都会とかい夜空よぞらほしまたたいてて
あなたとの未来みらいをそっとかさねてる
きしめられたらこころとげがポトリとちた
言葉ことば出来できないおもいってとどくのね
ふくらんでくゆめむねあるきだせることが
ささやかな ふたりのねが