1. 僕にあずけて歌詞

「僕にあずけて」の歌詞 小松未歩

2003/9/25 リリース
作詞
小松未歩
作曲
小松未歩
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜん電話でんわさえ
さよならの気配感けはいかんじた
むねくるしい
受話器じゅわきこうをうかがって
上手じょうずはなしが出来できない
うそもつけず
かおわせては いつも喧嘩けんかした
それでも二人ふたり距離きょり
とおもどれない場所ばしょはなれないように
きしめたい

つたれないこの気持きもちでも
しいものはしい
そうえた少年しょうねんもどれるならば
きみしあわいのる」なんてこと
してわないだろう
ぼくにあずけて

ちょうのようにひらひら
まぐれなきみらえとく
ケージはくて
をひく花束はなたばちらつかせ
きしてるぼくでも
本気ほんきなんだ

そばにいられるぼくほうがずっと
笑顔えがおをもらってる
明日あしただけつめてた少年しょうねんのように
いつかはなしたゆめかって
ぱしってみたくなる
きみ不思議ふしぎ

つたれないこの気持きもちでも
しいものはしい
そうえた少年しょうねんもどれるならば
きみしあわいのる」なんてこと
してわないだろう
ぼくにあずけて