「大空へ」の歌詞 小松未歩

2003/9/25 リリース
作詞
小松未歩
作曲
小松未歩
文字サイズ
よみがな
hidden
ただよくもながめていたら
なやめることさえも ながれてく
こんなによわ存在ものだったんだと
自分じぶんいとしくおもえるよ
そう少年しょうねんゆめいまでもあのころのまま
ぼくこころかがやつづけてるから

大空おおぞら
ばたこう だれより一番高いちばんたか
無謀むぼうなことだけれど
ちからかぎりをりたくて
どこかで彷徨さまよい つまづいたって
あせらないで しばらくやすもう
かぜをまかせ

かりもつけず くらがりのなか
たくさんの物事きもちえてきた
もうあんなにも欲張よくばれないよ
大事だいじなものがひとつえてゆくたび
がなくて

こいをして すこしはわったぼくだけれど
どんな理屈りくつだって
通用つうようしないこのなか
いつかははなれてゆくこころ
おそれずに いつかまためぐ季節きせつてばいい

大空おおぞら
ばたこう だれより一番高いちばんたか
無謀むぼうなことだけれど
ちからかぎりをりたくて
どこかで彷徨さまよい つまづいたって
あせらないで しばらくやすもう
かぜをまかせ