「ぼくらはみらいのたんけんたい」の歌詞 小林優子

1993/2/21 リリース
作詞
及川眠子
作曲
松本俊明
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくらはみらいのたんけんたい
あしたにむかってふねをこぐ
ぼくらはみらいのたんけんたい
きぼうというなのかじをとる

かなしいこともあるだろう
なきたいときもあるだろう
だけど いつも いつだって
いきてるってばつぐんのステキさ

ポケットにゆめをつめこんで
かがやくみらいへ さぁでかけるぞ

ぼくらはみらいのたんけんたい
てごわいわるものでてきても
ぼくらはみらいのたんけんたい
ゆうきのつるぎでたたかうぞ

たのしいほしをさがすため
やさしいひとにであうため
そうさ いつも いつだって
いきてるってサイコーのふしぎさ

まちじゅうえがおあふれてる
ぼくらのじだいをさぁつくるんだ

ぼくらはみらいのたんけんたい
あしたにむかってふねをこぐ
ぼくらはみらいのたんけんたい
きぼうというなのかじをとる

ぼくらはみらいのたんけんたい