「白い花」の歌詞 小林太郎

2012/7/11 リリース
作詞
小林太郎
作曲
小林太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ここにはだれもいないようだから
しろはなをこの部屋へやいておこう
いたいとか わらいたいとか
神様かみさまったって きみにはえない

ここにはだれもいないようだから
部屋へやのライトもしばらくしておいたまま
受話器じゅわきこうこえないものがあるとすれば
それはきみこえ

暗闇くらやみなかねむってしまったなんてうそ
えているけど さわっているけど
こえているけど ふるえてるけど
本音ほんねはなせばよかった

れるれる しろはななか
きみ二人ふたりうたっていたけど
いつのにか 一人ひとりのはなうた
きみとさよならのうた

時計とけいはり息切いきぎれするころだろう
もどりたくてもすすむことをめない
ぼくはといえば そうだなぁ
きみいたくて 無理矢理寝むりやりねてるみたいだ

はいそこなった教室きょうしつそと
きみぼくっていたけど わるくはない
わらって 秘密ひみつって
授業じゅぎょうわってしまった

ながながただ みちうえ
きみつけては んでいたけど
いつのにか ぼくちがみち
きみ二人ふたりとはちが未来みらい
かみさまはぼくらすだろうか
時計とけいはり部屋へやのライトも
なにかをってるみたいだ

どこにもきみはいないようだから
しろはなにはいろをつけてあげよう
何色なにいろがいいんだい あか?あお?
それとも黄色きいろ?ってはなしていたいよなぁ

れるれる しろはななか
きみ二人ふたりうたっていたけど
いつのにか 一人ひとりのはなうた
きみきでした
ながながい まだみちうえ
きみつけては んでみるけど
ぼくみちは またちがみち
じゃあね またね さよなら

さよなら