1. 飽和歌詞

「飽和」の歌詞 小林太郎

2012/7/11 リリース
作詞
小林太郎
作曲
小林太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
形状記憶型毎日けいじょうきおくがたまいにちです
どんな負荷ふかにもえてはもどります
れることはない れることはない
ただまりすぎてせない

かえしといえば恋愛れんあいです
どんなモノも一瞥いちべつ いただきます
きることはない きることはない
でもハマれそうにない

うつるもっと綺麗きれいいろあつめたい
このたびはどんな笑顔えがおつくってぼくだますのかな
あおそびったドアを蹴破けやぶりたい
あおでないそらいろたい
とおれないみちはない
そんなものは

怠情記録型毎日たいじょうきろくがたまいにちです
ゆめがないとなげいてはあそびます
えることはない えることはない
そうにもモノが何処どこにも

それでもこのままじゃ落第らくだいです
自分じぶん価値かちいまこそりたいんです
あたまから爪先つまさきまで値札ねふだけてきてるみたい

ただ 純粋じゅんすいにもっと綺麗きれいかぜあつめたい
このたびはどんな免罪符めんざいふでその場凌ばしのぎできるかな
あおそびったドアの内側うちがわ
あおでないそらえがくなら
きみならなにえがく?
その指先ゆびさき

もうどうにもできないような妄想もうそう迷想めいそうたぐいを
このそらげるように
もうどうにもならないようなぼくを、きみ
らずきしめよう

うつるもっと綺麗きれいいろあつめたい
このたびはどんな笑顔えがおつくってぼくだますのかな
あおそびったドアを蹴破けやぶりたい
あおでないそらいろたい
とおれないみちはない

うつるもっと綺麗きれいいろあつめたい
このたびはどんなぼくらをつくってみちらすのかな
あおそびったドアを蹴破けやぶりたい
あおでないそらいろたい
とおれないみちはない
そんなものは

あおそびったドアを蹴破けやぶりたい
あおでないそらいろたい
とおれないみちはない
そんなものは