1. くれない草紙歌詞

「くれない草紙」の歌詞 小林幸子

2006/6/21 リリース
作詞
松井由利夫
作曲
遠藤実
文字サイズ
よみがな
hidden
あんたと はじめての出逢であいが
二十八日にじゅうはちにち不動ふどうさまの ご縁日えんにち
皮肉ひにくだねぇ…
れた下駄げた鼻緒はなおえんのはじめだなんて…
いき勇肌いさみはだで ちょっとわるっぽくってさあ
しゃくだけど そんなあんたに 一目惚ひとめぼれだよ

べにをひと刷毛はけ 川面かわもらし
つき未練みれん十三夜じゅうさんや
恋慕おもい深川ふかがわ こがれてみても
意地いじ邪魔じゃまして くちにはせぬ
なさ片袖かたそで 江戸小紋えどこもん

木場きばさい路地ろじ不動ふどうさまを
けりゃはし 出会であばし
恋慕おもい深川ふかがわ いとひくやなぎ
東下駄あずまげたには 素足すあし似合にあ
そんな台詞せりふが いのちとり

男勝おとこまさりでとおったわたしが…
なんてこったぁ
こころにぽっかりあながあいてしまったような
やるせない この気持きもち…
ざまはないねぇ…
いたいよ あんたに

辰巳たつみそだちにゃ んでも出来でき
げい商売あきない
恋慕おもい深川ふかがわ 遠音とおね三味しゃみ
見栄みえかざりも芸者げいしゃてて
いてすがろか 川千鳥かわちどり

つきさん… おしえておくれよ
どうすりゃいいのさ こころ始末しまつ
あぁ れてれて れぬいて
それしかないのかねぇ… おつきさま