「一夜かぎり」の歌詞 小林幸子

1993/2/22 リリース
作詞
阿久悠
作曲
鄭豊松
文字サイズ
よみがな
hidden
一夜いちや千夜せんや
くらべてみて
どちらをえらぶと
たずねながら
さくらはな
るのをつめ
こんどは ほたるのとき
そのぎて
紅葉もみじ季節きせつ
やがては ゆき
あいして つづいて
っていても
そのとき そのとき
一夜いちやかぎり

すっかり馴染なじんだ
うでのまくら
いいゆめみたいと
ねがいながら
ふけのつき
くもるをなが
夜風よかぜに ためいきつく
もうあさなんだ
あと一時間いちじかん
あなたは 寝息ねいきだけ
あいして つづいて
っていても
そのとき そのとき
一夜いちやかぎり

おもえばはるかな
とき彼方かなた
つむいだあいさえ
かぞえきれず
何度なんどかみかたちえて
だんだん みじかくなる
そういう こころ
あなたのむね
すこしは ひびくでしょう
あいして つづいて
っていても
そのとき そのとき
一夜いちやかぎり