「不断草」の歌詞 小林幸子

1996/10/19 リリース
作詞
星野哲郎
作曲
遠藤実
文字サイズ
よみがな
hidden
しかられながら 日暮ひぐれさか
まつわりついた ははひざ
はたらつかれた かたい
それでもいつでも あたたかかった

ききわけのない なみだあと
みていそうな あなたの着物きもの
たけをのばして ています
ちいさくなった あなたのかた
けば両手りょうてつたわる歳月さいげつ
やっぱりあなたは 不断草ふだんそう

宿命しゅくめいゆきもれながら
みどりやさぬ 不断ふだん苦労くろう
こんなおんな一生いっしょう
おまえにだけはさせたくないと
あかるくわらう あなたがきよ
いいのよ わたし不断草ふだんそう

をひき ひかれ ああ母子ぼしさか
おまえはわたしてくると
心配しんぱいそうに のぞきこむ
あなたの足跡あしあと わたしもなぞる
浮世うきよ たえくさ不断草ふだんそう 不断草ふだんそう