1. 二輪草歌詞

「二輪草」の歌詞 小林幸子

1994/6/25 リリース
作詞
吉岡治
作曲
弦哲也
文字サイズ
よみがな
hidden
かえっちゃいやと えないで
見送みおく背中せなかにくらしさ
あゝ:ああ あなた どんなにどんなにあいしても
ゆめ途中とちゅうかえるひと
わかっていながら
かせてみせたい 二輪草にりんそう

半分はんぶんだけの しあわせが
らずにまるごと しくなる
あゝ:ああ わたし いけない いけないおんなです
ゆめのつづきが れるなら
さびしさころして
寝酒ねざけいます 二輪草にりんそう

ひとつの屋根やねらしても
こころはなれた あいもある
あゝ:ああ あなた ふたりのふたりのあかいと
ゆめつむいで むすばせて
上手じょうずこいなら
それでもきます 二輪草にりんそう 二輪草にりんそう