「流氷哀歌」の歌詞 小林幸子

2001/1/1 リリース
作詞
麻こよみ
作曲
船村徹
文字サイズ
よみがな
hidden
流氷りゅうひょうみたいに ながされて
いつしか居着いついた
きた
どこできても
おんなじと
煙草たばこかせば
すきまかぜ
みぞれよる
きゃくもなく
薬缶やかん
シュルシュルシュル
るばかり

寝床ねどこささややさしさを
本気ほんきにするのは
あほうどり
だまだまされ
かされて
がつきゃやっぱり
一人ひとりきり
それでもぬくもり
こいしくて
素肌すはだがチリチリチリ
くばかり

小銭こぜにめてる さけびん
なんにもあてなど
ないけれど
ひとりみほす
燗冷かんさまし
にがさがからだ
しみて
故郷ふるさとなんかにゃ
かえらない
流氷りゅうひょうギシギシギシ
るばかり