「雨の日曜日」の歌詞 小林明子

1986/9/3 リリース
作詞
湯川れい子
作曲
小林明子
文字サイズ
よみがな
hidden
あめうた 窓辺まどべくわ
まぐれな 日曜日にちようび
部屋へやじゅう モカのかお
ねむい テレビのおと

今日きょうも わたし ときながれに
あそばれながら ながされてく
だけど とお意識いしき世界せかい片隅かたすみ
ささやくこえがする
「これが 貴女あなた人生じんせいか」と

なにかたりかけてくるの
きぬずれの あめおと
プラチナの しずくにぬれ
うなだれる コスモス

不意ふいに わたし つめるひとみ
えないゆびばしてくる
ひろひろかがややく地球ちきゅう片隅かたすみ
意味いみいてる
それが 貴女あなたのすべてなの?と―――

いつか まどとりさえず
明日あしたになれば れるかしら
どこか とおこたえのえないしあわ
さがして べたなら
きっと すべてが わるでしょう

今日きょうも わたし ときながれに
あそばれながら ながされてく
だけど もしか きずついてもいいわ
あしたのため
だれかのため
きたとさけべるときしいの