「波音」の歌詞 小池徹平

2009/7/15 リリース
作詞
小池徹平
作曲
小池徹平
文字サイズ
よみがな
hidden
ありふれたの ありふれた午後ごご
ぼんやりとごすのにもきて
サンダルのままで うみまであるけば
松林まつばやしさきかぜみち

季節きせつはずれの 砂浜すなはまはいつも
やすらぎと孤独こどくぜたような
なみおとがただ 幾重いくえかさなり
黄昏たそがれつつまれゆく

あるつかれたなら
すな上座うえすわればいい
ほこらしげな足跡あしあと
あたらしいかぜされてゆく

またあるはじめれば
ひとつひとつのこ足跡あしあと
されるたびふかきざんで
あるつづけたい

かたむきかけた 陽射ひざしにわれて
砂浜すなはまあとさかのぼ
いつのえる なみおとはもう
ぎたときけてゆく

ほんのすこまえ
気持きもちさえくしそうで
そっとみみをすまして
かすかな調しらべに
をまかせた

かえれば坂道さかみち
とおえるうみあおくて
なんだか二度にどこえないような
ひとときのメロディ

じれば波音なみおと
しおかお黄昏たそがれるかぜ
こたえがきっとつかりそうな
ひとときの出会であ