「赤レンガ」の歌詞 小池徹平

2007/6/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ざわめくまち夕暮ゆうぐれにけゆくころ
家路いえじいそ人波ひとなみのこされ
それでもぼくつなあるした
すこしぎこちなくて可笑おかしいね

きみ笑顔えがおこうしてえるのも
きっとこれが最後さいごかな

一緒いっしょわらって
きみごした日々ひび
おも出募でつのるほどさびしさすけれど
こんなにもせつない気持きもちになるならば
こいなみだくなればいいのに
からっぽに

きみ笑顔えがおをまだ横目よこめかんじられる
つないだからつたわってくる息遣いきづか
夕闇ゆうやみ中君なかきみのことがえるようで
二人近ふたりちかづいたようながしたね

あかいレンガそのさきえた
こいけてしまうようで

どれだけの時間じかん
ながれてもえない
記憶きおくがあるのならそうしんじていたい
あとすこしでぼく別々べつべつみちへと
あるしてしまうけどおもいは
そのままに