「カウボーイ疾走」の歌詞 小沢健二

1993/9/29 リリース
作詞
小沢健二
作曲
小沢健二
文字サイズ
よみがな
hidden
もう紫陽花あじさい風景ふうけい
もうおかある彼女かのじょ姿すがた
ばされていっちまった
もう間違まちがいがいことや
もうすきせない
やりとりには
嫌気いやけがさしちまった
カウボーイはスペードの
エースとかって
BABY BABY BABY BABY BABY
草笛くさぶえがひどく
上手うまやつだった
錠剤じょうざいみしめ
蛇口じゃぐちをひねり
たかたかほし
見上みあげていた

ねつがならされてゆき
きりおお広告こうこく
うみからでるかぜ
しらけちまった
純情じゅんじょうかえ
本当ほんとうのことへと
うごきつづけては
戸惑とまどうだけの
ひとたちをわら
舗道ほどうまでらばって
もどらないすな
BABY BABY BABY BABY BABY
さみしげに
かきならされてるギター
あたらしい1日いちにち
またはじまるだろう
夜明よあまえよわすぎるひかり

日射ひざしがつよ真昼まひる
まばたきをかすめとり
陽炎かげろうなか
えてっちまう
ものをさがして
本当ほんとうのことへと
うごきつづけては
戸惑とまどうだけの
ひとたちをわら
すれちがう早起はやおきの
マラソンランナー
BABY BABY BABY BABY BABY
にぎやかな時代じだい
ちてくるあさ
あたらしい1日いちにちがまた
はじまるだろう
夜明よあまえよわすぎるひかり