「春にして君を想う」の歌詞 小沢健二

1998/1/28 リリース
作詞
小沢健二
作曲
小沢健二
文字サイズ
よみがな
hidden
こごえるほほさむくはない
さけをちょっと
んだからなあ
子供こどものように
しゃべりたいのだ
しずかなタンゴのように
きみとゆくよ としをとって
なかもちょっと
たりしてね?
そんなことはおそれないのだ
しずかなタンゴのように

薄紅色うすべにいろれた町色まちいろ
なみだがこぼれるのは何故なぜ
子供こどものようにあまえたいのだ
しずかなタンゴのように
きみすこ化粧けしょうをして
ぼくのためにくのだろうな
そんなことが
たまらないのだ
しずかなタンゴのように
薄緑うすみどりにはなやぐ町色まちいろ
なみだがこぼれるのは何故なぜ
子供こどものようにあまえたいのだ
しずかなタンゴのように
子供こどものようにあまえたいのだ
しずかなタンゴのように