「わが麗しき恋物語」の歌詞 小泉今日子

2012/10/24 リリース
作詞
覚和歌子
作曲
Barbara
文字サイズ
よみがな
hidden
あたしは十九じゅうくまちでもうわさの ちょっとした不良ふりょう
わりかし美人びじん部類ぶるいだったから ちやほやされたわよ
まゆをひそめてる 大人おとな尻目しりめに ずいぶんあそびもしたわ
人生じんせいってなんて ちょろいもんだって めたまなざしで

あなたがあたしを きといったとき おもわずわらったわ
あんまり真面目まじめで こちこちになって ふるえてさえいたでしょう
そんなおとこって たことなかった それであたしもふるえた
人生じんせいってなん奇妙きみょう素敵すてきって すこしだけいた

やすいアパート くら部屋へや 景気けいきわる時代じだいだって
へらないジョーク って ふたりわらえば しあわせで

五年ごねんがたったら あたしはやめてた 煙草たばこをまたはじめ
あなたの浮気うわき七回目数ななかいめかぞえ あたしも三回目さんかいめ
視線しせんをそらして 会話かいわったけど どこでもそんなものでしょ
人生じんせいってそうよ 退屈たいくつだったって おもしながら

さもない毎日まいにち 半年はんとしぎた そのまないあめ
いたこともない 病気びょうき名前なまえが あなたのくちびるから
あたしはこわれた 空缶あきかんみたいに くちけていただけ
人生じんせいってなん意味いみ不明ふめいなの いなくなるの あなた

しろけむりのぼった そらはどこまで よくれて
あたしはいた 自分じぶんでも うたがうくらい 大声おおごえ

あいだったかなんて だれもわからない おしえてほしくない
とっくにわすれた むかしのこと 時々浮ときどきうかぶけど
ほほみがすこじっているなら それでいいとうわ
人生じんせいってなんおろかなものなの あとになってわかる
人生じんせいってなんおろかなものなの みんなあとでづく