「夜明けのMEW」の歌詞 小泉今日子

1986/7/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
夜明よあけの Mew きみいた
夜明よあけの Mew ぼくいた
ねむれないなつ

パジャマわりに
たシャツ
ベッドの そのうえ
きみ仔猫こねこ姿勢しせい
サヨナラ っている
だれわるわけでも
だれのせいでもなくて
いつも わかさはまぐれ
あいをごめんね(ごめんね)
あいをごめんね(ごめんね)
もっと もっと
もっと もっと
キスをすればよかったよね
あいをごめんね(ごめんね)
あいをごめんね(ごめんね)
きみをすべて
っているとおもっていた
夜明よあけの Mew きみいた
夜明よあけの Mew ぼくいた
ねむれないなつ

シェイドをけたぶんだけ
陽射ひざしが すように
きみつよがりっても
いまなら えるのさ
自由じゆうでいたいなんて
たが本当ほんとう気持きも
わざと ためしただけだね
あいをごめんね(ごめんね)
あいをごめんね(ごめんね)
きっと きっと
きっと きっと
世界中せかいじゅうでたった一人ひとり
あいをごめんね(ごめんね)
あいをごめんね(ごめんね)
きみがすべて
っているとおもっていた
こころに Mew きみいた
こころに Mew ぼくいた
わらないなつ