「風と君を待つだけ」の歌詞 小田和正

1992/1/25 リリース
作詞
小田和正
作曲
小田和正
文字サイズ
よみがな
hidden
どうしてもいま きみつたえたい
いまでもきみほこりにしてること

いつもあこがれて いかけていた
かえらずに はしきみ

ながなみだかくさないで
せつないおもいを そのまま かせて

ほこりをてないで あきらめないで ひとりにならないで
ぼくらはしんじている きみたかげて
かたならべて いつかまた はしはじめることを

かぜかれて なみにのまれて
そのたびきみたすけられて

そのかおげて やがてとき
そのとき ぼくらに またゆめせて

ほこりをてないで あきらめないで ひとりにならないで
ぼくらはしんじている きみたかげて
かたならべて いつかまた はしはじめることを

(ひとりにならないで もう一度いちど ゆめをみせて)
いま ふね真白まっしろにかがやくたかげて (いま ふねかぜと)
あとはただつよかぜきみつだけ (きみつだけ)

ほこりをてないで あきらめないで
ひとりにならないで
ぼくらはしんじている きみたかげて
かたならべて いつかまた はしすこと

それぞれのおもいと ゆめせて (ひとりにならないで)
しずかにときはゆく (もう一度いちど ゆめせて)
いま ふね真白まっしろにかがやくたかげて (いま ふねかぜと)
あとはただつよかぜきみつだけ (きみつだけ)