1. 風のようにうたが流れていた歌詞

「風のようにうたが流れていた」の歌詞 小田和正

2005/6/15 リリース
作詞
小田和正
作曲
小田和正
文字サイズ
よみがな
hidden
みどりかがやく はるかどお日々ひび
いつでも かぜのように うたがながれてた

ことばの意味いみさえ からないままに
おぼえた そのうた くちずさんでいた

わけもなく ひとり さびしいとき そのうたをうたえば
かなしみは いつのまにか えていった

出会であいも わかれも らぬままに ながれるうたをきいていた
なぐさめられて はげまされて そしてゆめをみた

やがてときはすぎ ひとりゆけば
いつしか すべてのこと わすれられてゆく

でも そのうたをきけば あわおもいが ちいさな出来事できごと
あざやかに よみがえる なつかしく

あのなつそら きらめくうみわすれかけてた あおこい
そしていちずにときめくこころ昨日きのうのことのように

出会であいも わかれも らぬままに ながれるうたをきいていた
なぐさめられて はげまされて そしてゆめをみた

面影おもかげさえ もう のこらないこのまち
それでも かぜのように うたがながれてる