「風の坂道」の歌詞 小田和正

2002/4/24 リリース
作詞
小田和正
作曲
小田和正
文字サイズ
よみがな
hidden
きみとはじめてった そのときから
自分じぶんわってゆくのがかった

きみがはじめて なみだ ながしたとき
ひときずつける かなしさをった

ありふれた日々ひびが かゞやいてゆく
ありふれたいまおもわる
れのものでも れのためでもない
かけがえのないこのぼく人生じんせい

あいという言葉ことばをはじめて かたってから
このまゝながされては きてゆけないとちかった

こうしてこのときつづけばとねがってから
人生じんせいはやがて たしかにわるとかんじた

ありふれた日々ひびが かゞやいてゆく
ありふれたいまおもわる
れのものでも れのためでもない
かけがえのないこのぼく人生じんせい

言葉ことばまえはしす いつもとおくをている
いゝわけしていないか いかりをわすれてないか
よわいからえる かなしいからやさしくなれる
ときはこぼれていないか あいながされていないか

二人ふたりきる 夢破ゆめやぶれても
二人立ふたりたくしても 明日あしたむかえる
れのものでも れのためでもない
かけがえのない いま かぜかれて
かけがえのないこのぼく人生じんせい

ほんとうに大切たいせつなものに がついて
それをわすれてはいけないと こころ

して それをわすれてはいけないと