「イロトリドリ ノ セカイ」の歌詞 小谷嘉一

2008/3/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
アイニ ツマヅイテ ダイタ
かえまちほこりにまみれて
すずしげな午前ごぜんくもおともなく追憶ついおくうみれてゆく
いそあしふいにかわいて したいてひざまずいているなら
雛菊ひなぎくそらなかわたしあるいてゆこう

木漏こもゆるやかに 旅立たびだちをげてた
水鳥みずどり最後さいごゆめてた

いろとりどりのガラスみたいななみだうつくしさ
七色なないろ初秋しょしゅうかぜ
しろくろ記憶きおくもいつか落葉おちばたされ
かみのおされるように

あのあのみちれてく もないはないろおもした
すれちがひとうずが ふるえながら希望きぼう地図ちずいだいていた
夏草なつくさにおいのような あつ午後ごご二人ふたりでいるような
シアワセの沈黙ちんもく言葉ことばくそう

ほし欠片かけらしずかに はじまりをっていた
鈴虫すずむし最後さいごゆめてた

いろとりどりのガラスみたいななみだうつくしさ
さよならは初秋しょしゅうかぜながされて
しろくろ記憶きおくもいつか落葉おちばたされ
かみのおされるように

ウタオウ
ナガレルママニ
ウタオウ