「シーソー」の歌詞 小野真弓

2004/9/15 リリース
作詞
尾崎亜美
作曲
尾崎亜美
文字サイズ
よみがな
hidden
ねぇ こえこえてるのに
どうしてとどかないんだろう
そんな気持きも何度なんど かえすの?
そう 見上みあげれば そこにはただ
くもりそうな そらがあり
どんないろだれかがぬすんでく
もっと バランスが れたらいいのに
そっと ためいきを とさずにすむのに
シーソーが うまくできない
ひとりぼっちじゃ
たかひくかぜかんじて
いつかべたら

ねぇ あなたのくちずさんでた
うたまちながれてた
そんなことが 何故なぜうれしかった
もう かげえないくらいに
くもそらをおおうけど
っていると あなたにつたえたい
ずっとおなそら つめていたいな
きっと かなしみも きしめてあげたい

きかけた イニシャルを
いた あのよる
たぶん それで わすれられるとおもった だけど
シーソーがうまくできない
ひとりぼっちじゃ
たかひくかぜをつかんで
いつかべたら…