1. おまえだけ歌詞

「おまえだけ」の歌詞 小金沢昇司

1992/5/21 リリース
作詞
吉田旺
作曲
弦哲也
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしのぶんまで そのゆめいかけて
そばちゃ あなたの重荷おもによと
無理むり微笑わらうやつ
おまえがきを みなければ
かないゆめなら れりゃいい
道連みちづれは おまえだけ
このてまで

どうしてあとから まれてきたのよと
としにして またひとつ
吐息といき もらすやつ
おまえのそんな 仕草しぐささえ
まもってやりたい このおれ
道連みちづれは おまえだけ
このてまで

世間せけんとおくに とおくにえる
なにげなく季節きせつはな一輪いちりん
部屋へやかざるやつ
かならずくるさ ふたりにも
まぶしいはる
道連みちづれは おまえだけ
このてまで