1. 無器用者だと言われても歌詞

「無器用者だと言われても」の歌詞 小金沢昇司

1996/6/21 リリース
作詞
荒木とよひさ
作曲
藤竜之介
文字サイズ
よみがな
hidden
ガキの時代じだい夢見ゆめみてた
そんなおとこになれなくて
いまでは三十路みそじを とっくにぎた
ただのっぱらい
あゝああ めばせつない 胸板むないた二寸にすん
おふくろだけには びたくて

きることが 下手へたくそで
流行歌りゅうこうかの ひとつもうたえない
こころふるいと われても
無器用者ぶきようものだと われても

ふところなかかたまり
そんなおとこ純情じゅんじょう
だれかがわらえば また喧嘩けんかする
ただのがんこもの
あゝああ あめよる道草みちくさのれん
本当ほんとうこころさびしくて

えば なみだもろくなり
しかってくれる おんなもない
さびしいやつだと われても
無器用者ぶきようものだと われても

きることが 下手へたくそで
流行歌りゅうこうかの ひとつもうたえない
こころふるいと われても
無器用者ぶきようものだと われても