「真夜中のものがたり」の歌詞 小金沢昇司

1994/2/23 リリース
作詞
水木れいじ
作曲
平尾昌晃
文字サイズ
よみがな
hidden
さびしくないか このままわかれて
どしゃりのあめえるのは
ひとり上手じょうずを きどってみたって
ほんとの気持きもちは いまでもきだと
かくせはしない
ここでらして ここできずつけ
ここでおまえを かせたね・・・
あのときひとこと くなとえたら
あめれて ひとりおも
真夜中まよなかのものがたり

ふくぐのも じれったいほどに
いてきしめて くちづけた
たった三日みっかえない時間じかん
ルージュのいろさえ こころいろさえ
えてしまった
ときがふたりを ときがあの
ときがもいちど もどせたら・・・
おまえをぬまで はなしはしないと
とおあか見上みあげる部屋へや
真夜中まよなかのものがたり

ここでらして ここできずつけ
ここでおまえを かせたね・・・
あのときひとこと くなとえたら
あめれて ひとりおも
真夜中まよなかのものがたり