1. また逢う日まで歌詞

「また逢う日まで」の歌詞 尾崎紀世彦

1971/3/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
またまで
えるときまで
わかれの そのわけは
はなしたくない
なぜか さみしいだけ
なぜか むなしいだけ
たがいにきずつき
すべてを なくすから
ふたりでドアをしめて
ふたりで名前なまえ して
その時心ときこころなにかを
はなすだろう

またまで
えるときまで
あなたは何処どこにいて
なにをしてるの
それはりたくない
それは ききたくない
たがいにづかい
昨日きのうにもどるから
ふたりでドアをしめて
ふたりで名前なまえ して
その時心ときこころなにかを
はなすだろう
ふたりでドアをしめて
ふたりで名前なまえ して
その時心ときこころなにかを
はなすだろう