「ダンスホール」の歌詞 尾崎豊

1985/3/21 リリース
作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊
文字サイズ
よみがな
hidden
やすいダンスホールは
たくさんのひとだかり
陽気ようきいろ音楽おんがく
煙草たばこけむりにまかれてた
ギュウギュウづめの
ダンスホール
しゃれたちいさなステップ
はしゃいで
おどりつづけてる
おまえをつけた
子猫こねこのようなやつ
なまいきなやつ
小粋こいきなドラねこってとこだよ
おまえはずっと
おどったね

どって水割みずわみほして
れたつきでをつける
のきいた
流行文句はやりもんくだけに
おまえはちいさくうなづいた
つぎ水割みずわにして
わけもないのに 乾杯かんぱい
こんなものよと
微笑ほほえんだのは
たしかに つくりわらいさ
すこったおまえは
かんがえこんでいた
夢見ゆめみむすめってとこだよ
けっして目覚めざめたく
ないんだろう

あたい グレはじめたのは
ほんの些細ささいなことなの
かれがいかれていたし
でも本当ほんとう
あたいの性分しょうぶん
学校がっこうはやめたわ
いまはたらいているわ
ながいスカートひきずってた
のんびり気分きぶんじゃないわね
すこったみたいね
しゃべりぎてしまったわ
けど かねがすべてじゃ
ないなんて
きれいにはえないわ
ゆうべの 口説くど文句もんく
わすれちまって
今夜こんやもさがしにくのかい
さびしいかげ おとしながら
あくせくする毎日まいにち
つかれたんだね
おれむねねむるがいい
そうさおまえは
孤独こどくなダンサー