1. 原色の孤独歌詞

「原色の孤独」の歌詞 尾崎豊

1992/5/10 リリース
作詞
YUTAKA OZAKI
作曲
YUTAKA OZAKI
文字サイズ
よみがな
hidden
もない都会とかいそら むなしいひかりいろ
うそだらけの言葉ことばけそうなおれこころ
またおなじように かぜはげしくさけんでる
だれもがみな ちからされわってゆく
得意とくいげにうそやデマをくちにするやつがいる だけど
真実しんじつなどやつがいるはずもないだろう
舞台裏ぶたいうらのルーレットはいつまでもまわっている
やぶれた夢買ゆめかめるようにコインが ほら まれてく

白昼夢はくちゅうむなかもてあそ慰安いあんのうた
まるでせい死彷徨しさまよおど原色げんしょく彼女かのじょ
むきしのみじめな 欲望よくぼうにルールは
まち今夜こんやだれかを ほらがらせている
彼女かのじょかた首筋くびすじに くちづけるだけで
何故人々なぜひとびとが くるいすのか かるがする
こころこわれてく おれにもからない
かがみなかおれ今日きょうみじめに ほらえている

約束やくそくとは常識じょうしきかくすためのメッセージ
やぶられた常識じょうしきに ボロをだす人間にんげんよわ
恍惚こうこつつみおかすそれが すべてなんだぜ
本当ほんとうのことをおれが ほらっているんだぜ
孤独こどくさ ありきたりの矛盾むじゅんまかせなよ
そいつをいやしむことなど ないんだぜ
サイコロはられたぜ いのちまるごとけろよ
きているやつらは みなイカサマな賭博師とばくし
サイコロはられたぜ いのちまるごとけろよ
きているやつらは みなイカサマな賭博師とばくし