「坂の下に見えたあの街に」の歌詞 尾崎豊

1985/3/21 リリース
作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊
文字サイズ
よみがな
hidden
まとまったかねをため
ひとり街飛まちとして
くことが
あたらしいゆめなか
あるいてくことだから
でもさみしそうに
見送みおくりにちつくす
母親ははおやにさえ
さよならがえずじまいで
アクセルふみんでた
あなたのゆめぐくまれて
その夢奪ゆめうばってく
わけじゃない
ちいさなおれねむらせた
こわれちまった
オルゴールが
バッグのなか
ときをかなでている
Uh uh… おれくるまめて
っていたよ
Uh uh… さかした
れてまち

仕事しごとえてかえると
おれのために
ストーブをともして
親父おやじはもう十九じゅうくおれあたま
なでながらはな
昔話むかしばなし意味いみが その
おれにもやっとわかった
からおも
ゆめなかかたるだけさ
排気はいきガスにすすけたまど
おれはひとり夢見ゆめみている
さかしたのあのまちなか
必死ひっしさがつづけてたもの
あの親父おやじ
おなようにね
Uh uh… 坂道さかみちのぼり
あの日街ひまちたよ
Uh uh… いつもくだってた
坂道さかみち

家庭いえしてきたのは
それより上目指うえめざしてたから
やがておれ家族かぞく
おなようきずきあげるだろう
なにもかも わけあって
ようにね
Uh uh… おも
たそがれてまち
Uh uh… さかした
たたずんでいたまち
Uh uh… おれはいくつもの
きずをきざみこんだ
Uh uh… さかしたえた
あのまちなか
Uh uh… おも
たそがれてまち
Uh uh…