1. 太陽の瞳歌詞

「太陽の瞳」の歌詞 尾崎豊

1992/5/10 リリース
作詞
YUTAKA OZAKI
作曲
YUTAKA OZAKI
文字サイズ
よみがな
hidden
太陽たいようしずもうとしているよるうなりをあげてあばれている
こころ釘打くぎうたれるような いたみをかんじている
なにうしなわぬようにと だからこんなにつかれている
ぼくはたった一人ひとりぼくだれらない
だれらないぼくがいる

こんな仕事しごとはやわらせてしまいたい
まるでぼくをころすために はたらくようだ
それでなければ 自由じゆうもとめる
かごなかめられてる ゆめ現実げんじつえてしまえばいい
ぼくはたった一人ひとり見知みしらぬ人々ひとびと
ぼくらないぼくてる

一人ひとりになって つみそうとしても
自分じぶん戒律かいりつつみせない
ひとだれ罪人つみびとだから おぼえてきたものにつかまえられている
一人ひとりになりたくない あらそいたくない
ぼくはたった一人ひとり
ぼくぼくたたかうんだ
だれらない ぼくがいる