「太陽の破片」の歌詞 尾崎豊

1988/6/21 リリース
作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊
文字サイズ
よみがな
hidden
昨晩ゆうべ ねむれずに
失望しつぼうたたかった
きみかなしくえる
まちかなしいから
昨晩ゆうべ 一晩中ひとばんじゅう
欲望よくぼうたたかった
きみつつむものすべてが
ぼくこわすから
すりわってゆく
現実げんじつとのはざまに
えがいたゆめ
あいきずつける くらしはただ
街明まちあかりにらされ
なにしんじるの
どこへかうの
ぼくにぎらずに
えるのは何故なぜ
だれをさしのべず
なにかにおびえるなら
自由じゆう 平和へいわ そして あい
なにしめすのか
だから 一晩中ひとばんじゅう
絶望ぜつぼうたたかった
ぼくは ただ きよらかな
あいしんじている

をつぶってみる
なみだがほらかわくまでのあいだ
わすれられるさ
やぶれた約束やくそくまえ
ひとはいつもいつわりつづける
だけど きみ
もう欲望よくぼうてにただ
うばわれたくはない
きみまもりたい
かなしみ こぼれぬよう
あわれみが 今希望いまきぼう
うちまれるよう
もしきみ暗闇くらやみ
ひかりもとめるなら
ごらん ぼく太陽たいよう破片はへん
ほおをつたう
昨晩ゆうべ ねむれずに
昨晩ゆうべ ねむれずに (Ah・・・)