「町の風景」の歌詞 尾崎豊

2015/2/1 リリース
作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊
文字サイズ
よみがな
hidden
まちかぜきさかれ がったゆめくずが
路上ろじょうすみでさむさにふるえ もみされてく
ちならぶビルのなか ちっぽけなおいらさ
のしかかる虚像きょぞうなかこころうばわれている

あてどない毎日まいにちを まるでのらいぬみたいに
あいこころはかわき ふらつきまわるよ
灰色はいいろかべうえ きなぐった気持きもちは
それぞれのかたむなしさにふるえてるんだ

いたてられるまちなか アスファルトにみみをあて
雑踏ざっとうしたうもれてる うたをみつけしたい
からっぽの明日あしたに むけてげてやるさ
だれもがりにつくまえ

こころのハーモニー かなでよう
ガラスづくりのうた かなでよう
無限むげんいろをちりばめた まち風景ふうけい

人間にんげん喜劇きげきさ そのとおりだろうよ
だけどなにがこうさせるのか わからないよ
愛情あいじょううずだよ 窮屈きゅうくつになるだけ
だけどだれめるというの いのるしかないもの

だまってておくれよ 理屈りくつなんかいらない
あまえだと わらうのも よくわかったから
無意味むいみようかた かねのためじゃなく
ゆめのため あいのため そんなものにかけてるさ

いたてられるまちなか めくるめくなか
人生じんせいえがいていく うたいつづけえんじつづけ
人生じんせいはキャンバスさ 人生じんせい五線紙ごせんし
人生じんせいときえんじる舞台ぶたい

こころのハーモニー かなでよう
ガラスづくりのうた かなでよう
無限むげんいろをちりばめた まち風景ふうけい