1. 自由への扉歌詞

「自由への扉」の歌詞 尾崎豊

1992/5/10 リリース
作詞
YUTAKA OZAKI
作曲
YUTAKA OZAKI
文字サイズ
よみがな
hidden
今夜素敵こんやすてき夢描ゆめえがいて 自由じゆうへのとびらひらいてみるのさ
きっとそこにしんじていたすべての姿すがたがあるはず

公園通こうえんどおりの恋人達こいびとたち肩寄かたよせながらあい彷徨さまよ
ひとりぼっちで人混ひとごみの中立なかたまれば見失みうしないそうさ
だけどなにひとつ不自然ふしぜんなものはない
すべてがかなでるハーモニーに心委こころゆだねてみてもいいのさ

だってすべてはいながらひとつひとつのこころすよ
きっとそこにしんじていた 自分じぶんらしさがあるのだから

笑顔えがおさえもつからなくて ときながれてさみしくなる
だれかにをさしのべてもかなしみだけが心彩こころいろど
うことにこころとどかぬままで
つめるものがすれちがっても いつかかりあえる大丈夫だいじょうぶ

きみぼくもこのまちゆめもとめるかがやきなのさ
きっとそこにしんじていた ぼくらの姿すがたがあるはず

闇夜やみよくにかぶ月明つきあかりにらされて
ほしらめきながら明日あすしんじてる
永遠えいえんおもえるようわずかなかなしみとらしはつづ

裏切うらぎられても しんじることから うばわれても あたえることから
さみしくても うことから かなしくても 微笑ほほえむことから
きみなしじゃぼくのままでいられやしない
だれもが皆自由みなじゆうきてゆくことをゆるえればいいのさ