「雨やどり」の歌詞 尾崎豊

2015/2/1 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
それはまだ わたし神様かみさましんじなかったころ
九月くがつのとある木曜日もくようびあめりまして
こんな素敵すてきかれあらわれないかと
おもったところへ あなたがあまやどり
すいませんねとわらうあなたの笑顔えがお
とても凛凛りりしくて
前歯まえばからみぎ四本目ほんめ虫歯むしばがありまして
しかたがないからったばかりの
スヌーピーのハンカチ
してあげたけど かさほうがよかったかしら

でもさわやかさが とても素敵すてきだったので
そこはくるしいときだけのかみだのみ
もしも もしも 出来できることでしたれば
あのひとに も一度いちどわせてちょうだいませませ
ところがじつ偶然ぐうぜんというのはおそろしいもので
今年ことし初詣はつもうでわたし晴着はれぎのスソ んづけて
あっこりゃまたすいませんねとわら
口元くちもとから虫歯むしばが キラリン
ゆめかとおもって ほっぺつねったらいたかった

そんな馬鹿ばかげたはなしいままでいたことがないと
ママも兄貴あにきほどわらいころげるやつらでして
それでもわたし突然とつぜん 口紅くちべになどつけたものだから
おまえ大丈夫だいじょうぶかと おでこにをあてた
本当ほんとうならつれててみろという
リクエストにおこたえして
五月さつきのとある水曜日すいようびかれびまして
自信じしんたっぷりに紹介しょうかいしたらば かれ靴下くつした
あながポカリン
あわてて おさえたけど すっかりられた

でもさわやかさが とても素敵すてきだわとうけたので
かれをよくして きゅう
もしも もしも 出来できることでしたれば
このひとをおよめさんにちょうだいませませ
その わたし うしなってたから
よくわからないけど
めたら
そういうはなしがすっかり出来できあがっていて
おめでとうってわれて も一度いちど うしなって
がついたら あなたのうであまやどり