「風にうたえば」の歌詞 尾崎豊

2015/2/1 リリース
作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊
文字サイズ
よみがな
hidden
道端みちばたすわかぜうたっているよ
ひかりたい季節きせつさえ
まよむこのかぜ
ゴメンよ、ママ「サヨナラ」と手紙てがみたかい
わかまよいになにもかも見失みうしなったんじゃない
あまったれのこのおれめた
つけすためのたび」なのさ
ヘイ、ママ
あなたの名前なまえばずにいるよ
このたびわるまで
何億なんおくマイルのてしないたびだよ
辿たどりつくまちひときざまうたうよ

たった一人ひとりぼっちで かぜうたっているよ
一粒ひとつぶなみだ
いきづくおれたび
あさひかりのまぶしさにおどろ目覚めざめた人達ひとたち
不確ふたしかな自分じぶん気持きもちをそれでもしんじてきている
まち熱気ねっきよるまでつづ
ビール一杯いっぱいわりをげる
ヘイ、ダーリン
まるで名前なまえさえりやしないよ
こころまよいにちる
何億なんおくマイルのてしないたびだよ
いちのぬくもりのこあさ旅立たびだつよ

そしてまたすわかぜうたっているよ
どうやらこのうた
わりはないんだね
しがらみのこのまちでは視線しせんけながら
おびえきってつかれている身体からだをひきずりあるいている
ああ やさしさはきっとある
なによりもきみむねなか
ヘイ、ボーイ
わすれちまってるあいするすべを さびしさのなかつけて
何億なんおくマイルもはしつづけるトラック
はしらせるおれあいんでどこまでも
まちからまちへと よるからあさへと
だれもが旅人たびびと むなしくはしつづける

何億なんおくマイルもはしつづけるトラック
はしらせるおれあいんでどこまでも
まちからまちへと よるからあさへと
だれもが旅人たびびと むなしくはしつづける