「COLD JAIL NIGHT」の歌詞 尾崎豊

2015/2/1 リリース
作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊
文字サイズ
よみがな
hidden
スモッグにけむ街並まちなみは渋滞じゅうたいのロードレース
そらからはいつものようにつながれたひとおど
不満ふまんとナイフ められた護送ごそうバスのなかだれもが
なにかがすこしだけちがかたいられる
このらしがはじまるまえひとつだけいておこう
動機どうきこころやまいうえ罪名ざいめいかぶさる
おびえと目眩めまい あきらめに雑居房ざっきょぼうなかだれもが
ひざまずいて一滴いってきみずうのだろう

Cold jail night 都会とかい夜空よぞらあかえてる つみいて
Cold jail night いきしろおびったひとみなか ゆめ

五十日ごじゅうにちりに太陽たいようすこしだけせてた
監獄かんごく太陽たいようおれまえでちぎれてゆく
りかかるかべきざまれたきず 太陽たいようのあたる場所ばしょだれもが
わすれるためになぐりつけたいたみもない
裁判さいばんという台本だいほんしん正義せいぎはじまる
かたいまけずられてくらべられている
毎日まいにち毎日まいにちおぼませるかえ仕事しごとだれもが
さきあらそ真実しんじつさえくちにする余裕よゆうなどない

Cold jail night 都会とかい夜空よぞらあかえてる つみいだいて
Cold jail night いきしろおびったひとみなか ゆめ