「永遠の夏」の歌詞 山下久美子

1995/7/26 リリース
作詞
森雪之丞
作曲
布袋寅泰
文字サイズ
よみがな
hidden
星屑ほしくずよりも
二人光ふたりひかってた
シネマのよう
こいはよみがえるの
ずっと Yesterday・・・
よる砂浜すなはま
カブリオレめて
きしめあったね
とお楽園らくえんへと ながされてく
漂流者ひょうりゅしゃみたいに
おどろいたでしょう
なににもわずに
うみんで
ちょっとこわかったの
あなたの
とてもやさしいから
なつると
なみだがでちゃう
なみれた ひかりかげ
まるで 昨日きのう出来事できごと
時代じだいなかゆめ
わるけど
あなたとてた
なつ永遠えいえんなの
ずっと Yesterday・・・

間際まぎわ
花火はなびほのお
むねのこってる
それが情熱じょうねつだと
づいたのは
さよならをしたあと
あい意味いみ
らないままで
いたいくらい ひとあいした
いま素敵すてき真実しんじつ
星屑ほしくずよりも
二人光ふたりひかってた
シネマのよう
こいはよみがえるの
時代じだいなか
ゆめわるけど
あなたとてた
なつ永遠えいえんなの
ずっと Yesterday・・・
Yesterday・・・
Yesterday・・・
Chu lu lu lu・・・
Chu lu lu lu・・・