「指輪」の歌詞 山下智久

2006/5/31 リリース
作詞
山下智久
作曲
山下智久
文字サイズ
よみがな
hidden
あまいバラのかおりは つよいそのまなざしは
ぼくをあぁきつける きみかさなる冬景色ふゆげしき

特別とくべつひとはいないよなんて
しんじたいけど ドンデ エスタ コラソン

きだとえば すべてがくずれそうで
つたえたいのに むねおくにしまった
いつまで見守みまもっていればいいの
もうこの気持きもち ガマンできない
つたえたらもうえなくなるの?
指輪ゆびわ邪魔じゃまをしてえない

その無邪気むじゃき笑顔えがおはまるで しろいキャンバスなのに
ほそいその指先ゆびさきひか指輪ゆびわだれから

いままでつくった大切たいせつおも
すべてててでも あなたしい

今年ことしそらから あぁしろゆき
りそそぐんだ ぼくこころにそっと
このゆきけだすころには
きみ気持きもちを つたえられるかな?
こんなにもよわぼくじゃだめだね
きみがこのゆきかしてよ

きだとえば すべてがくずれそうで
つたえたいのに むねおくにしまった
いつまで見守みまもっていればいいの
もうこの気持きもち ガマンできない
つたえたらもうえなくなるの?
指輪ゆびわ邪魔じゃまをしてえない