1. 最後のラブ・ソング歌詞

「最後のラブ・ソング」の歌詞 山下智久

2011/1/26 リリース
作詞
ma-saya
作曲
Choi Yong-Chan
文字サイズ
よみがな
hidden
開演かいえんのアナウンスひびいてる
きっときみないだろう
約束やくそくしたころは こんなるなんて
おもわなかったぼくたち

大切たいせつゆめのために頑張がんばっている きみ姿すがたきで
「どんなときぼく応援おうえんする」なんて
ってたくせして 旅立たびだきみのことめた

こいなんてしないほうが しあわせながした
そんなラブ・ソングに むねおくあつくなる
何回なんかいきみいた その言葉ことばさる
ひとりぼっちじゃ かなしすぎるうただね…

はじめてったおも
今日きょうおなじコンサート
ななまえきみぼくうたび
わらいかけてくれたね

かなえたいゆめのためにとおまちきみくこといて
はなれてても二人変ふたりかわらないよ」なんて
ちかっていたのに 夢見ゆめみきみのことめた

こいなんてしないほうが しあわせながした
そんなラブ・ソングに 身体中からだじゅうふるえてる
どうやってきみわす今日きょうからどうきてゆく
このさきずっと こんなうたかない…

ほんとはもっといたいことや
たしかめたかったことがあったのに
いまさらおそすぎる なにもかも全部ぜんぶ
拍手はくしゅなみなか ぼくだけがしていた ひとり

こいなんてしないほうが しあわせながした
そんなことないよと むねおくさけんでる
何回なんかいきみいた ラブ・ソングがとおくなる
ひとりぼっちじゃ かなしすぎる
それでもぼくきみえてよかった…