「罪と罰」の歌詞 山下智久

2011/1/26 リリース
作詞
松井五郎
作曲
瀬流路源三郎
文字サイズ
よみがな
hidden
陽射ひざしのあとはだふかのこして
あのとき「はなれない」とったじゃないか
あなたのことをめるやつらがいても
自分じぶんうそだけはつかないでくれよ

なぜおそれているの
わかいというだけで
このおもいはどんなつみになる

純愛じゅんあいギルティ いばらのうでにさえ
二人ふたりでギルティ さばかれてもいい
あいまでギルティ くるしみもいだいて
ちてゆくのが つめたいやみでも
える そのひとみ さない

かわいたくちびるから いきれてく
まちがいだったなんてきたくないよ
なみだはどこでせんきたがるのさ
もどれなくてもかまわないみちがある

もううごきはじめた
時間じかんうずのなか
ひとりねむよるばつになる

純愛じゅんあいギルティ こころふるえてる
すべてがギルティ まれてゆく
あいまでギルティ かなしみのてに
すがるゆびさき にぎりしめながら
どんな悪夢ゆめからも げない

純愛じゅんあいギルティ いばらのうでにさえ
二人ふたりでギルティ さばかれてもいい
あいまでギルティ くるしみもいだいて
ちてゆくのが つめたいやみでも
える そのひとみ さない