「ささやかな欲望」の歌詞 山口百恵

1975/9/21 リリース
作詞
千家和也
作曲
都倉俊一
文字サイズ
よみがな
hidden
あお落葉おちばらして
時間じかんどおりにバスがいた
かばんひとつだけってわたし
おくらないでとたのんだのに
やはりあなたはかおせた
うまくおわかれが出来できるでしょうか

生意気なまいきですけど ひとつだけわせてね
あなたをこころから あいしてた
わたしはあなたを 悪者わるものにしたくない
だからひっそりと はなれてゆく

まちさかいをバスがぎて
ひとつふたつとせきいて
道連みちづれも出来できずひとりわたしはゆく
ゆびがあなたをなつかしがる
みみがあなたをもとめる
だけどここにもどれはしない

生意気なまいきですけど ひとつだけわせてね
あなたは素晴すばらしい 男性ひとでした
わたしはあなたを 不幸ふこうにはしたくない
だから自分じぶんから はなれてゆく