1. しなやかに歌って歌詞

「しなやかに歌って」の歌詞 山口百恵

1979/9/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
しなやかにうたって
さびしいとき
しなやかにうたって
このうた
さかうえから
まち陽炎かげろう
あしにつけたローラー
地面じめんをけってすべってく
よるは33の
回転扉かいてんとびら
ければ そこにはあい
あふれているのに
レコードがまわるだけ
あなたは もういない
しなやかにうたって
さびしいとき
しなやかにうたって
このうた
素顔すがおのままで
わたしはひとり
あなたのかえ
っているのです

んだあおそら
彼方かなた をめざし
栗毛色くりげいろのポニー
手綱たづなけばはしってく
よるは33の
ページをひら
昨日きのうつづきのほん
んでいるのに
はなしは おわりなの
あなたは もういない
しなやかにうたって
さびしいとき
しなやかにうたって
このうた
かざりをすてた
こころのなかで
あなたの名前なまえ
んでいるのです
しなやかにうたって
さびしいとき
しなやかにうたって
このうた
しずかにときながれてゆくの
よるはいつでも
あさつづくはず
しなやかにうたって
さびしいとき
しなやかにうたって
このうた
しなやかにうたって
さびしいとき
しなやかにうたって
このあい