「イミテーション・ゴールド」の歌詞 山口百恵

1977/7/1 リリース
作詞
阿木燿子
作曲
宇崎竜童
文字サイズ
よみがな
hidden
シャワーのあとの
かみのしずくを
かわいたタオルで
きとりながら

かれ窓辺まどべはなしかけるわ
ながれるくもさえ
季節きせついろだと
わたしかるまいをかん
マニュキュアのゆび
かざしてみるの
ア・ア・ア
イミテイション・ゴールド
ア・ア・ア けた素肌すはだ
ア・ア・ア
イミテイション・ゴールド
わかいとおも今年ことしひと
こえちがとしちが
ゆめちがう ほくろがちが
ごめんね 去年きょねんひと
又比またくらべている

西陽にしびつよ部屋へや片隅かたすみ
かれ冷蔵庫れいぞうこ
バタンとじる
パックのままの
牛乳ぎゅうにゅうかかえ
身軽みがる動作どうさ
はこんでくれるわ
ア・ア・ア
イミテイション・ゴールド
ア・ア・ア いのちそのまま
ア・ア・ア
イミテイション・ゴールド
したけど
今年ことしひと
くせがちがあせちが
あいちがう きき腕違うでちが
ごめんね 去年きょねんひと
まだしばられてる
ア・ア・ア
イミテイション・ゴールド
ア・ア・ア
その やさしさで
ア・ア・ア
イミテイション・ゴールド
まっててほしい
今年ことしひと
たれば かげちが
いろちがひかりわる
ごめんね 去年きょねんひと
わすれるその