「ラスト・ソング」の歌詞 山口百恵

1978/9/1 リリース
作詞
谷村新司
作曲
谷村新司
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいごのライトはさないで
せめて拍手はくしゅおわるまで
こいをすることさえもゆるされないで
うたつづけてきたわたし
せめてこのうた貴方あなた

客席きゃくせきにはいつもの貴方あなたがいて
となりには貴方あなたあいするひと
なにらずにほほえんでいる

たった一度いちどのあやまちを
貴方あなたくやんでいるかしら
たった一度いちどこいのあやまちだけが
わたしをささえてくれたのに

明日あしたから一人ひとりあるいてく
すこしは大人おとなになれたもの
もう二度にどわないとこころめて
なみだみせずにうたうから
せめてこころだけめて

明日あしたになれば貴方あなた祭壇さいだんまえ
あたらしいあい永遠とわちか
だから今日きょうまではわたし貴方あなた

最後さいごのライトはさないで
せめて拍手はくしゅおわるまで
こいをすることさえもゆるされないで
うたつづけてわたし
せめてこのうた貴方あなた
せめてこのうた貴方あなた