「個人授業」の歌詞 山口百恵

1973/12/21 リリース
作詞
阿久悠
作曲
都倉俊一
文字サイズ
よみがな
hidden
いけないひとねといって
いつもこのあたまをなでる
しかられていてもぼくは
なぜかうっとりしてしまう
あなたはせんせい
授業じゅぎょうをしているとき
ぼくはただつめてるだけ
魔法まほうにかかったように
ひるゆめみている気分きぶん
あなたはせんせい
あこがれのあのひとは
つみなことだよせんせい
出来できるなら個人こじん授業じゅぎょうけてみたいよ
ハハハ
学校がっこうかえリのみち
じっとつこのはつらい
毎日まいにち毎日まいにちおな
場所ばしょでただこうしているよ
あなたはせんせい せんせい

はやりのドレスをいつも
しゃれてこなしてるひとよ
けっこうグラマなことも
ぼくはがついているんだよ
あなたはせんせい
今度こんどやすみになれぱ
部屋へやへたずねることにしよう
ちょっぴり大人おとなのふりで
あいのことばなどって
あなたはせんせい
あこがれのあのひとは
つみなことだよせんせい
出来できるなら個人こじん授業じゅぎょうけてみたいよ
ハハハ
ちらちらまぶたにうかび
とても勉強べんきょうなど駄目だめ
このままつづいてけば
きっとんでしまうだろう
あなたはせんせい せんせい